カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 






古着の見方

新品より古着のほうが、使っていて早くダメになった!なんてことのリスクは大きいです、当然。
どのポイントを注意すればいいのか。

基本古着は返品不可のところが多いようですから、状態を確かめる必要があります。店員さんが必ず「状態確認しましたか?」と聞いてきますし。

とはいえデザイン気に入ったら忘れちゃうんですよね。私も昔、某ショップでブランドのジャージを買って家で着たところウエストゴムがゆるくて返品しに行ったことがあります。初めはキッパリ断られました・・・が、当時法律事務所勤務だった私は交渉の末、返金に成功!と、ここまでしないように、初めから気をつけたほうがいいですね。

値札に傷・汚れなどの説明が書いてある店もありますが、完全ではありません。意外に見落としがちなのは機能面です。使い始めて気づくんですよね・・ファスナー、内ポケットなど、ジャケット内部ワキ部分などが盲点です。

一見綺麗でも、タグの文字が薄かったり、衿や袖、脇、腹の横なんかがスレてると、かなり着用回数ある服ということであまりお買い得とは言えませんね。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100022222&eid=4