カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 






素材について(再生繊維、合成繊維)

テンセル
寸法安定性が良く縮みにくい。吸水性も良いが速乾性もある。
濡れた状態での強度も特徴。

リヨセル
ソフトでしなやか、しかも寸法安定性も併せ持つ。
綿より縮みにくく、レーヨンの表面効果、素材表現力を持っている。

レーヨン
吸湿性、放湿性は、化学繊維で最も高く綿より優れている。独特の光沢がある。
但し、綿や絹程の強さは持ってない。
短所は摩擦に弱く、弾性に乏しくしわになりやすい。

キュプラ
シルクに似た滑らかさがあり、滑りや肌触りも良く、機能面も備わっている。

ナイロン
強度が非常に強い。耐摩耗性が綿の10倍くらいある。

ポリエステル
耐熱性が合成繊維の中で最もいい。
ナイロンに次ぐ強さを持ち、摩耗にも強い。

アクリル
ウールタイプの繊維。
ふっくらとした優れた感触を持ち、着心地がいい。

ポリウレタン
伸縮性と弾力性に富んだ繊維。繊維自体がゴムのように5〜8倍も伸びる。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100022222&eid=15